曽爾高原に行ってきました。

693
views

お久しぶりです。島の民です。

ブログの更新サボりまくってました。
橋本さん、すんません。笑

久々にブログ書くので、気合入れて新カテゴリ作りました!
といいつつ、実際は「大阪散歩部」で書くネタがなさすぎて、苦し紛れにつくった新カテです。。30分でロゴりました。笑

 

というこで新企画「野外活動」はじめます。(要はアウトドア記録)

 

一回目は曽爾高原(そにこうげん)登山です。

曽爾高原は奈良県の右の端っこの方、三重県との県境付近にある高原で、関西随一の大草原スポットです。

草原の正体はススキで、秋になると辺り一帯が黄金色に染まるらしいです。

 

曽爾高原をハイキングするだけであれば、道も整備されているので、登山っぽい格好していなくても全然大丈夫ですが、さらに奥の倶留尊山 山頂を目指すのであれば登山武装していくのが吉です。

僕たちは山頂を目指すので軽めの武装をしています。(一人だけ休日のお父さんみたいな格好の人いますが笑)

右から、フットサル仲間の友人T君、フットサル仲間のパーティーピーポー、登山なのに休日のお父さんの格好をしてきた幼馴染のS君。

 

 

ルートに沿ってに登っていきます。

 

 

曽爾高原の頂上あたりから、森に入っていきます。
ここからは険しい道のりになります。

 

 

二本ボソ山ピーク。

曽爾高原から倶留尊山頂上に行くには、二本ボソ山という山を超えなければならず、アップダウンが身に堪える道のりでした。

 

急な上り、下りをリピートしながら、頂上に到着です。
若干険しい道のりですが、子ども連れの登山客もけっこういました。

 

 

行きはゼェゼェ言いながら、1時間半くらいかかりましたが、帰りは腹ペコすぎて1時間で下山。

食事をして、近くにあるお亀の湯という温泉でベホマズンして帰りました。

 

PS:倶留尊山は入山料500円必要です